Shintaro Kaneko

Shintaro Kaneko

Tokyo, Japan

Building things with Go. Experiences: Go / C / JavaScript / TypeScript / Swift / Engineering Management / Mathematics

2020年のエウレカのエンジニア組織を振り返る

2020年は生活様式が変わり、仕事の仕方にも著しく変化がありました。その中でエウレカのエンジニア組織として組織基盤やキャリア戦略、そして事業への推進責任を持つことを振り返りました。

#Engineering#Management

Goでひたすら運用を楽にするためのコード生成をする

Goでコード生成をするのは非常に簡単なので、それを公式のコードや記述のサンプルを紹介します。

#Go

エンジニア組織のキャリア戦略とスタンスとして大事にすべきこと

エンジニア組織におけるキャリア設計について、今までの私の経験を踏まえて考察してきたスキルの礎の部分について紹介します。

#Engineering#Management

Vimのプラグイン作成に慣れていなくても手を動かしてみよう

Vim scriptやpluginを作成するのがハードル高いなと思っている方、作成してみると難しいことはないので悩むくらいなら雑でも良いので勘所を掴むところまでVim scriptを書いてみましょう。

#Development#Vim

開発環境セットアップを効率化させるdotfilesの管理方法とコマンド

開発環境のセットアップは開発者の数だけやり方が存在しますが、その中で、私が長い間使用しているオレオレスクリプトを用いたdotfilesの管理方法と、自分用のメモとしてM1版Mac miniを購入したときに実行したコマンドのメモを紹介します。

#Programming#Technology#Development

Gatsbyでソーシャルシェアボタンを実装する

Gatsbyでソーシャルサービスへのシェアボタンをカスタマイズありで実装する方法です。

#Programming#Technology

アニサキスにあたったのでお鮨食べたい

アニサキスにあたったことを備忘録として日記に残しておきます。

#Diary

今年も残り3ヶ月

2020年も残すところ3ヶ月となりました。2020年の残りを過ごすテーマを考えてみる。

#Diary#Engineering

Methods and ideas to write Go code

This book explains the Go Programming Language development methods and design concepts based on the Unix philosophy.

#Programming#Go

LATTEST MIZUMACHI

#Diary#Photo

意思決定をサポートするドキュメンテーション

意思決定をサポートするためのドキュメンテーションスキルを伸ばすための考え方のひとつを紹介します。

#Engineering#Documentation

在宅勤務向けに安定化されたLANの構築

在宅勤務の毎日なので家のネットワークを逸般の誤家庭向けに構築をした話です。

#Network#RTX1210#WLX202#逸般の誤家庭

Hello, 世界

main( ) { printf("hello, world\n"); }

#Diary

在宅勤務時は『プライベート』を無意識的に確保する

在宅勤務をしているときでも仕事とプライベートの境目をつくるために、オフィスに出退勤をしていたときの無意識の行動を在宅勤務でのルーティンに落とし込んだことを紹介します。

#Diary

Goで標準入力とファイル読み込みを可能にするインタフェース

シェルにてパイプを利用して標準入力から文字列を読み込むかオプションや引数でファイルを指定する方法の二通りに対応する方法を紹介します。

#Go

多様性の中にあるクロスカルチャーと学習進化の5段階モデル

グローバル化に伴う Diversity & Inclusion への向き合い方について、企業組織という中で多様性のもと相互理解をして生産的な活動をするため、お互いにそれらを認め合い機能することの重要性を紹介します。

#Development#Engineering#Management

エンジニアのキャリアに責任を持つためのスタンスとスキルの評価指針

キャリアに対して責任を持つエンジニアリングマネージャーがどのような指針をもつべきなのか、一過性と継続性といった言葉を使いつつ紹介します。

#Engineering#Management#Development